BIGとは? 最高6億円のサッカーくじ 全5種類を比較

こんにちは、STADIO編集長の大西です。

今回は、1等最高6億円のサッカーくじ、BIGを紹介します。

BIGの収益は、選手や指導者の育成、グラウンドの芝生化など、日本のスポーツ振興のために役立てられています。

近所にできた人工芝のグラウンドも、toto・BIGの収益をもとに作られました(写真)。

そこで、この記事では、

  • BIGに興味がある
  • でも、BIGがなんなのか分からない
  • totoとの違いを知りたい

という方のために、BIGの特徴について紹介します。

関連記事:totoとは? 最高5億円のサッカーくじ 全3種類を比較 | STADIO

BIGとは? 最高6億円のサッカーくじ 全5種類を比較

サッカーくじは全部で8種類あります。

  1. 予想するサッカーくじ toto
  2. 予想するサッカーくじ mini toto
  3. 予想するサッカーくじ toto GOAL3
  4. 予想しなくていいサッカーくじ BIG
  5. 予想しなくていいサッカーくじ MEGA BIG
  6. 予想しなくていいサッカーくじ 100円BIG
  7. 予想しなくていいサッカーくじ BIG1000
  8. 予想しなくていいサッカーくじ mini BIG

このうち、今回は4〜8までの予想しなくていいサッカーくじ全5種類を紹介します。

※1〜3までの予想するサッカーくじについて知りたい方はこちらをどうぞ:totoとは? 最高5億円のサッカーくじ 全3種類を比較 | STADIO

まず、BIGの1等は最高3億円。キャリーオーバー(※)が発生したら最高6億円です。

指定された14試合を対象に、ホームチームの90分間での勝ち、負け、その他(引き分け・延長)をコンピュータがランダムに選択してくれます。

なので、口数を決めて、購入するだけ。簡単です。

totoのようにホームチームの結果を予想する必要はありません。

コンピューターがランダムに選択してくれるので、あとは結果を待つだけ。簡単です。

くじを買いたいけど、予想するのが面倒なんだよな……

という人には、結果を予想する手間が省けるBIGがぴったりです。

totoは、13試合の結果を予想しないといけないので、ちょっと面倒ですからね。

totoは、1等最高1億円。キャリーオーバーが発生したら最高5億円です。

一方、BIGの1等は最高3億円。キャリーオーバーが発生したら最高6億円。

BIGのほうが当せん金額が「大きい」ので、くじの名前が「BIG」なんでしょうね。

なんだ、totoよりBIGのほうがいいじゃん

と思うのは早すぎです。

今年2月に、さらに当せん金額が大きいMEGA BIGが始まりました。

MEGA BIGとは、どんなくじ? 何がメガなの?

なんとMEGA BIGは、

  • キャリーオーバーありが1等最高12億円
  • キャリーオーバーなしが1等最高7億円

です。

なんだ、普通のBIGよりMEGA BIGのほうがいいじゃん

と思うのは早すぎです。

MEGA BIGは、指定されたサッカー12試合の90分間での両チーム合計得点数を、 コンピューターがランダムで選択します。

コンピューターは以下4択の中から選びます。

1点以下=「1」、2点=「2」、3点=「3」、4点以上=「4」

この説明だとちょっと分かりづらいですが、くじを買う人が予想する必要はありません。簡単です。

BIGと同じようにMEGA BIGも、コンピューターがランダムに選択してくれるので、あとは結果を待つだけです。

BIGの最高6億円よりも、もっと上を狙いたいんだよな……

このような人には、キャリーオーバーありが1等最高12億円のMEGA BIGがぴったりです。

ちなみに、BIGとMEGA BIG、どちらも1口300円です。

その一方で、1口100円のくじもあります。

それが、100円BIGです。

100円BIGとは、どんなくじ? 100円で買えるビッグ?

1口が100円で、手軽に買えるので、100円BIGという名前なんでしょうね。

100円BIGは、

  • キャリーオーバーありが1等最高2億円
  • キャリーオーバーなしが1等最高1億円

です。

指定された14試合を対象に、ホームチームの90 分間での勝ち、負け、その他(引き分け・延長)をコンピュータがランダムに選択してくれます。

なので、BIGやMEGA BIGと同じように、100円BIGもコンピューターがランダムに選択してくれるので、あとは結果を待つだけ。簡単です。

ちなみに、2019年実績は、1等当せん106本です。

100円BIGよりも、もっと当せん本数が多いくじはないのかな……

と感じている人には、「2019年実績 1等当せん 369本」のBIG1000がぴったりです。

BIG1000とは、どんなくじ? 何が1000なの?

BIG1000は1口200円。1等が約1,000万円です。

なので名前がBIG1000なんでしょうね。

指定された11試合を対象にホームチームの90分間での勝ち、負け、その他(引き分け・延長)をコンピュータがランダムに選択してくれます。簡単です。

BIG1000よりも、もっともっと当せん本数が多いくじはないのかな……

と思っている人には、「2019年実績 1等当せん 1,788本」のmini BIGがぴったりです。

mini BIGとは、どんなくじ? 何がミニなの?

mini BIGは1口200円。1等が約100万円です。

指定された9試合を対象にホームチームの90分間での勝ち、負け、その他(引き分け・延長)をコンピュータがランダムに選択してくれます。簡単です。

試合数が100円BIGやBIG1000よりも少ない9試合なので、mini BIGなんでしょうね。

まとめます

  • BIG 1等最高6億円を狙いたい
  • MEGA BIG 1等最高12億円を狙いたい
  • 100円BIG 1口100円のくじを買いたい 1等最高2億円を狙いたい
  • BIG1000 100円BIGよりも当せん本数の多いくじを買いたい 1等約1,000万円を狙いたい
  • mini BIG BIG1000よりも当せん本数の多いくじを買いたい 1等約100万円を狙いたい

BIGは全部で5種類。狙いたい金額と当せん本数を参考にして、購入するくじを選んでみましょう。

以上、BIGの特徴について紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました