湘南ベルマーレ 山口智監督 オンライン取材(2021年11月25日)

山口智

ーー今日の練習では普段と違う何かを試したのか、もしくはいつもどおりのことに取り組んだのか、教えていただけますか。

「今週に関しては難しい状況なので、プレーできる状態をつくることにフォーカスをして今日の練習にも取り組みました。だから、いつもの週と比べたらちょっと違いますけど、とにかく週末の試合を自分たちができる状態にしないといけないので、そこにフォーカスをして練習はやっています」

ーーとても残念な出来事が起こりました。オリベイラ選手のことについて山口監督はどのように受け止めましたか?

「正直いまだに信じられないですし、受け入れられない自分がいるのは間違いないですし、その衝撃というのは計り知れない、言葉では言い表せられない出来事だったのは間違いないです。日常を普通に送れる状態ではないところは、僕自身を含めてチームにはあるんですけれども、でも時間は待ってくれないですし、彼の思いも背負ってやっていこうという話はして、みんなは取り組んでくれています。いろんなことを考えると気持ちが落ちますし、当たり前のことですけど、とにかく試合に向けては今日と明日、であさってはもう試合なので、それに向けてフォーカスをする。シーズンに関してもあと10日弱で終わるので、しっかりそこまではサッカーをしよう、彼の思いも受け止めてやろうという話はしてるので、自分自身もそのスタンスでやってる状況です」

ーー気持ちが落ちていつもどおりには練習に取り組めない選手もいると思います。

「いつもどおりやろうとはしてますけど、どうしてもやっぱり普通ではない(状況な)ので、どう同じ方向を向かすかというところは一番難しいところではあります。でも、選手はやろうとしてくれてるので、2日後の試合に向けてフォーカスしてやっていく必要はあると思います。いつもどおり、いつも以上に勝つということに対してフォーカスして試合で表現してもらいたいなと思っています」

ーー今年最後のホームゲームということでファン・サポーターがハリセンなどを使って音でさらに後押ししてくれると思います。

「コロナで無観客のときはやっぱり寂しいものがありましたし、今は声は出せない状況だと聞いています。それでもそうやっていろんな工夫をして思いを届けてくれているのは、僕たちにもちろん届いていますし、それが後押しになるというのは間違いないので、選手の背中をもっともっと押してあげてほしいですし、そういうことを背負ってできる選手たちなので、そういう雰囲気でやれるのはすごく楽しみです」

J1第37節湘南ベルマーレ対徳島ヴォルティスは11月27日(土)14:00キックオフ。会場はレモンガススタジアム平塚です。

取材=大西 徹(Twitter @shonanbook