浦和レッズ 大槻毅監督 試合後挨拶全文 12月19日 埼玉スタジアム

埼玉スタジアム

「皆さん、こんにちは。まず初めに、謝罪したい。今日のゲーム、本当に残念なゲームだったし、監督になって、皆さんが期待する場所まで選手と一緒に行くことはできませんでした。非常に、自分自身、残念に思っているし、皆さんに本当に謝りたい。本当に申し訳ありませんでした」

「それと同時にもう一つ、二番目に、本当に感謝しています。今シーズン特に難しい状況の中で、7月4日の、スタジアムに来たときに本当に驚きました。あのスタジアムをこの状況で作っていただけるのかということ、非常に感動しました」

「その後チームが非常に苦しい状況でも常に支えてくれて、いつも皆さまがそばにいてくれること、それが本当に我々の後押しになっていたと思っています」

「ここにいる選手たちには本当に感謝しかなくて、常に共に仕事をしている中で、力強さと自信を僕に与えてくれました。それを皆さんの前で表現させることができなかったことを本当に苦しく思っています」

「今このスタジアムに来ていただいている方だけではなく、DAZNだったりテレビで見ていらっしゃる方も含めて、浦和レッズを支えている方すべての人たちに感謝するとともに、ここの空間、いつも僕が大好きな、WE ARE REDSというコールがありますけども、あのコールのWEの部分に、皆さんがいて、選手がいて、というこの空間が大好きです」

「また来年以降、この空間で皆さまが、浦和レッズと同じ時間を共有する時間がこれからもずっと続くと思います。その時間を、皆さまの喜びの時間に、クラブが持っていけるような形、そういったものが我々の目指すところだと思います。またそこに対して、これからも選手は全力を尽くしてくれると思います」

「今後とも浦和レッズのことをよろしくお願いします。本当にありがとうございました」

2020年12月19日(土) 埼玉スタジアム

浦和レッズ 移籍情報・契約満了 2020-2021 | STADIO

タイトルとURLをコピーしました