浦和レッズ森脇良太 試合後挨拶全文 12月7日 埼玉スタジアム

埼玉スタジアム選手

(スタジアムの至るところから「モリー」「森脇ー」という声が飛び交う)

「サポーターの皆さん!」 (ブーイング)

「わー、ブーイングはダーメダーメ。いやー、今日は30分ぐらい話していいそうなので、30分ぐらい話していいですか?」 (ブーイング)

「わー、皆さん、ほんとに7年間、たくさんの声援、ありがとうございました」 (スタジアム全体から拍手)

「この7年間は、ここにいる素晴らしい選手、素晴らしいスタッフ、そして、浦和レッズには、素晴らしいサポーターがいます。その仲間と共に戦った7年間は、僕にとって……僕にとって……ほんとに素晴らしい時間で、かけがえのない時間でした」 (スタジアム全体から拍手)

「この7年間、ここにいるスタッフや選手はもちろんですけど、ファン・サポーターの皆さんにもたくさん迷惑を掛けてきました」 (スタジアム少しざわつく)

「それなのに、たくさんメッセージを、サポートを……いつも信頼してくれるサポーターの皆さんに本当に心の底から、お礼を言いたいなと思います。皆さん、本当にありがとうございます」 (スタジアム全体から拍手)

「今日、場内を一周して周ったんですけど……皆さんがユニフォームを掲げてくれたり、素晴らしい横断幕を出してくれたり、そういう光景を見ると、なーんかこのまま引退しなくていいのかなという、なーんかそんな感じになっちゃいましたけど、まだまだ僕自身、サッカーを続けていくつもりです。まだまだ、素晴らしいサッカーというスポーツを、楽しんでいきたいと思います」 (スタジアム全体から拍手)

「これからの僕のサッカー人生、それ以降の人生、皆さんと共に歩んでいきたいなと思います。皆さん、僕のこと、ちょっとだけでいいんで、覚えておいてもらえたらなと思います」 (ブーイング)

「ちょーっと、ちょーっと、ちょーっと、変かな、これは変かな。皆さん、覚えておいてくださいよ、ちょっとでいいんでね。お願いします」 (ブーイング)

「わー、今日だけ、みんな、今日だけは覚えておいてくれる? ちょっとおかしいな、今日だけ覚えておいてはおかしいな、ちょっと(笑)。これからも、皆さんは、浦和レッズにとってパワーの源です。来シーズンも厳しい戦いになってるかもしれないですけど、いつもと同じぐらい熱い気持ちでサポートよろしくお願いします」

「今日はほんとにありがとうございました!」 (スタジアム全体から拍手)

「長々とすみません! ありがとうございます!」 (スタジアム全体から拍手)

2019年12月7日(土) 埼玉スタジアム

※一部聞き取りづらい箇所があり、分かる部分だけ起こしました。

タイトルとURLをコピーしました