背番号7 梅崎司、7月7日に再びゴール。試合後会見コメント

湘南ベルマーレ

湘南ベルマーレは7月7日、天皇杯3回戦でヴァンラーレ八戸と対戦した。

53分(後半開始7分すぎ)にキャプテン梅崎司がFKを直接決めて湘南が先制すると、62分に八戸が坪井一真のゴールで同点に追い付く。

試合は延長戦に入ると、113分に平岡大陽がこぼれ球に素早く反応して再び突き放し、湘南が2-1で勝利を飾った。

今シーズン初ゴールを挙げた梅崎が試合後の会見に臨んだ。

ーー7月7日夜7時キックオフという7の付く試合でゴールを決めましたね。

梅崎司「以前レッズ時代にも7月7日の開始7分で決めたことがあって、それを忘れてましたけど、ラッキーナンバーです」

▼今から9年前の2012年7月7日、試合後のツイート(元気=原口元気、ミズキ=濱田水輝)

ーー天皇杯はACL出場権を獲得できる大会で、梅崎選手は過去に何度も出場しています。ACLの出場権に関しては、どんなふうに意識していますか?

「やっぱりそこの出場機会を得ることができれば、クラブにとって大きなステージで、新たな扉が開くと思います。ルヴァンカップが悔しい形で終わってしまって、今は(天皇杯)3回戦で勝って、頑張れば手に届くところにあると思います。そのためにも一戦一戦しっかり自分ら(の力)を出し切って、勝利に向かって貪欲に戦うことの積み重ねだと思うので、もちろんそこに到達したいですけど、一歩一歩進んでいきたいという思いです」

湘南は天皇杯ラウンド16(4回戦)で、8月18日に行われるガンバ大阪対松本山雅FCの勝者と対戦する。

▼天皇杯3回戦ハイライト動画

【ハイライト】第101回天皇杯 ヴァンラーレ八戸vs.湘南ベルマーレ|3回戦

▼チームを勝利に導くゴールを決めた平岡大陽と梅崎司

タイトルとURLをコピーしました