» DAZN・WOWOW・SPOOX・アマゾン・SPOTV NOWで何を見る?

【試合メモ】瀬川祐輔「エゴにプレーしなきゃいけない」(湘南vs磐田)

湘南ベルマーレ エンブレム

ルヴァンカップ・グループステージ第6節のスタメンはGK谷晃生、DFは右から大岩一貴、大野和成、山本脩斗。MFはアンカー田中聡、右から畑大雅、池田昌生、山田直輝、杉岡大暉。FWは瀬川祐輔と町野修斗の2トップです。

54分、湘南は山田、町野とつないで最後は池田が右足で合わせて先制します。61分に大野が負傷交代するアクシデントもありながら、1点を守り切って勝利を飾り、グループステージ突破を決めました。

J1第12節アビスパ福岡戦以来、2試合ぶりに出場した瀬川がミックスゾーンで試合を振り返っています。

■瀬川祐輔 試合後コメント

ーー今日は90分、フル出場でした。

「前節出てなくて、個人的には今週は疲れてなかったので、結果にフォーカスして90分できたことはポジティブだったし、ちゃんと勝てたことも良かったと思います。僕自身、簡単なミスが多かったのは改善点です。今週はそういう細かいパスのクオリティーの部分をすごく要求されてたので、これからもっともっと細かいところは突き詰めていかなきゃいけないかなと思います」

ーー簡単なミスが多かったのは相手のプレスが強かったのも影響したのでしょうか?

「どこから相手が来てるかのか(を感じる)試合勘が少しなかったというか、1試合空いただけなんですけど、今日はちょっとフィーリングが良くなくて、そんな中でも簡単にやるところはやるというのは意識して、少しずつ改善しながら90分戦えたかなと思います」

ーー途中からつながる場面が増えてきたような印象を受けました。

「うまくいかないときは最後にゴール前で勝負すればいいので、シュート意識が高くできたというのも今日はポジティブな要素だと思います。あとは僕自身が点を取れれば一番良かったなと」

ーー前半、シュートをバーに当てるシーンもありました。

「あれはイメージどおりで、もうちょい低く打ったつもりなんですけど、まあでも今まではあれをパスしてたんで、無理やりでもシュートに持っていけたその自分のイメージはしっかり評価したいなと思います」

ーー後半、相手をかわして左足でシュートを打つ場面もありました。

「そうですね。枠に飛ばさなきゃ意味がないんですけど、エゴにプレーしなきゃいけないというのが僕の課題だったので、今日は意識してできたと思います」

ーーシュート数はチームトップの5本でした。

「そうですね。5本打ったら1点決めないといけないですね」

ーー後半のアディショナルタイム、タッチラインの近くから横にパスを出して決定的なチャンスが生まれました。

「ヨネくん(米本拓司)に出したやつですね。あれはみんながキープに入るというか、もう試合を終わらせに行く時間帯ではあったんですけど、その中でもチャンスがあったら勝負のパスは出さなきゃいけないと思っていて、いいところにヨネくんが見えたんで、あそこはただ通すだけでした」

ーーあそこに出す冷静さを失っていなかった。

「そうですね。キープするならするで、やることが一つになると割り切れはしますけど、キープできなかったときに反応が遅くなるから、いろんな選択肢を持ちながらプレーしているつもりです」

ーー前の試合から1週間以上空いて、90分プレーして、最後はピッチに倒れ込んでいました。

「そうですね。78分ぐらいから足をつりかけてて、まあそこは自分のコンディションを整えなきゃいけないなと(笑)。中2日で(次の試合が)来るんで、体力的にいい90分だったとは思います」

ーー強度は最後まであまり落ちていなかった印象を受けました。

「もっとやれると思うんで、そこはこだわってやっていきたいなと思います」

湘南ベルマーレ
シェアする
全ページ湘南ベルマーレ。新刊『SHONAN BOOK ISSUE 04』好評発売中

全ページ湘南ベルマーレ
鼎談 谷晃生✕石原広教✕岡本拓也 結果を出すために
鼎談 古林将太✕大岩一貴✕永木亮太 もっと上に
対談 田中聡✕大野和成 球際で強く
鼎談 山田直輝✕米本拓司✕山本脩斗 継続を自信に
対談 瀬川祐輔✕町野修斗 期待を込めた言葉
インタビュー 石原直樹 共に歩む道
全選手アンケート 最近驚いたことは?

STADIO
タイトルとURLをコピーしました