» サッカー動画配信サービス9選 DAZN・WOWOW・ABEMAなど

ノジマステラ神奈川相模原が勝利。北野誠監督、池尻凪沙選手、松本茉奈加選手コメント

ノジマステラ神奈川相模原 松本茉奈加

ノジマステラ神奈川相模原がアルビレックス新潟レディースを破りWEリーグ2勝目を挙げました。

試合後に北野誠監督、GK池尻凪沙選手、FW松本茉奈加選手に話を聞くことができました。

北野誠監督「ペナルティーエリアの脇やその内側を取れた」

ノジマステラ神奈川相模原 北野誠

ーー10月10日以来のWEリーグ勝利おめでとうございます。前節0-3で敗れて、この1週間でどのような準備をして今日の試合に臨んだか教えてください。

「前節は0-3で敗れていたんですけど、6割、7割がたウチがボールを持っていたんです。ただ、千葉さんの背後が取れなかったんですね。ですから今週一週間は3人目の動きや縦パスを徹底してトレーニングして、今日はそういう形でペナルティーエリアの脇やその内側をけっこう取れてたんで、練習どおりできたと思います」

ーー相手の良さを消していたような印象を受けました。

「新潟さんは個の力がありますし、やっぱりそこを消しながら行かないとウチは難しいと思うので、今週一週間はそういうトレーニングはしました」

ーー試合に勝って喜んでいる選手たちの表情をご覧になって感じたことがあれば教えてください。

「さっきミーティングが終わって、選手たちにブラボー、アイラブユーと言っておきました」

池尻凪沙「チーム全員で取った勝利」

ノジマステラ神奈川相模原 池尻凪沙

ーー前節0-3で敗れてからの1週間で心掛けたことがあれば教えてください。

「先週は自分の準備や出足がすごく悪かったので、よりもっといい準備ができるように、あとは背後の対応の部分をより意識してこの1週間取り組みました」

ーー10月10日以来の勝利についてはいかがですか?

「すごくうれしいし、誰か一人の力ではなくて、チーム全員で取った勝利だったので、それはすごくうれしかったです」

ーー75分に滝川結女選手にシュートを打たれて失点しました。あの場面でもう少しこうすればよかったなという部分があれば教えてください。

「まずシンプルに跳ね返すことができてたら、そこまでゴチャゴチャすることはなかったと思うし、もっとDFに対してシュートコースをなくすためのコーチングができたら、滝川選手のシュートに対して自分がもっとコースを限定できたのかなと思います」

松本茉奈加「少しずつ実現できるようになってきた」

ーーまずは今日のゴールおめでとうございます。先制点を振り返っていただけますか。

「背後という部分はどの試合でも自分自身の課題だったので、そこを常に狙った結果、いいボールが(脇阪)麗奈から入って、あとは当てるだけというシュートだったと思います」

ーー後方からサンデイロペス選手に長いボールを出すのは練習でも取り組んでいたことなんでしょうか。

「そうですね。やっぱりポイントになる選手だし、収めることができるので、そこに相手が強く来ることも予想してましたし、そのこぼれを狙うというのは常に意識していて、そこにちょうどこぼれてきた感じです」

ーーチームとしては10月10日以来のWEリーグ勝利ということで、選手の皆さんがすごくうれしそうな表情をされていました。あらためて勝利についてはどんなふうに感じていますか?

「うれしい反面、安心という部分が少しあります」

ーー安心といいますと?

「やってきたことがやっと勝利の形になって、結果として出たという部分が。やっぱり北野(誠)さんのサッカーでやってきて勝てたという部分で、今まで引き分けが多かったですし、いいところまで行って勝てないことが多かったので、そのぶんうれしさというのはありました」

ーーやってきたことを形にできたという安心。

「北野さんの言っているサッカーが少しずつですけど実現できるようになってきたのかなと思います」

ーー相手陣内でプレーする時間が長かったと思います。前からのプレスやボールの奪い方で意識したことは?

「常に準備して、予測して、いかに相手に嫌なプレスをかけられるか。ただボールに行くだけじゃなくて、他の部分も考えながらプレスする。トップスピードで行けるように準備するのは常に意識しています」

ーー今日の試合では何度もうまくできたということですね。

「そうですね。全員でできたと思います」

試合データ

  • 2021-22 Yogibo WEリーグ 第16節
  • 2022年4月3日(日)14:03キックオフ
  • デンカビッグスワンスタジアム
  • アルビレックス新潟レディース 1-2 ノジマステラ神奈川相模原
  • N相模原得点:28分 松本茉奈加、29分 サンデイ ロペス
  • 新潟L得点:75分 滝川結女

文=大西 徹

タイトルとURLをコピーしました