湘南ベルマーレ 大岩一貴選手 オンライン取材(2021年11月18日)

DF大岩一貴選手は2012年にジェフユナイテッド市原・千葉でプロデビューを果たしてから毎年欠かさずリーグ戦でゴールを決めています。

今シーズンも8月25日に第26節セレッソ大阪戦でゴールを挙げて10年連続となる得点を記録しました。

前々節の北海道コンサドーレ札幌戦では2本のシュートを放ち、前節のサンフレッチェ広島戦では10人になった相手に対してシュート4本を打っています。

そこで、ゴールに対する意欲について大岩選手に質問してみました。

ーーこの前の試合では積極的にゴールを狙うシーンが何度も見られました。

「常に狙ってるんで。でも、前節(広島戦)も前々節(札幌戦)も最後の最後にチャンスがあって決めきれなかったので、そういうところですね、ほんとに。(決めれば)いろんなものが変わってくると思うので、チャンスがあったらしっかり決めきれるようにしたいし、しなきゃいけないなと思います」

ーーやはり普段の練習からゴールを意識しているのでしょうか?

「はい。練習中もゴールは狙っています。なかなか入らないですけどね」

ーー大岩選手はプロになってから毎年リーグ戦で得点を挙げていて今シーズンも1得点を記録しています。残り3試合でも得点を狙う姿勢は変わらずということですね。

「そうですね。もうちょい取れるようにしたいですね」

次節の相手は大岩選手にとって古巣のベガルタ仙台です。勝点3獲得、そしてJ1残留のために、貪欲にゴールを狙い続けます。

J1第36節ベガルタ仙台対湘南ベルマーレは11月20日(土)14:00キックオフ。会場はユアテックスタジアム仙台です。

取材=大西 徹(Twitter @shonanbook

大岩一貴